家具の取扱いについて サイトマップ
店長
和の家具、インテリアなら何でもご相談ください。

アイエフ家具
厚木家具情報館
 
家具のご使用については、下記の事項にご注意の上、大切にお使いください。
※家具一般のご説明となります。個々の商品の仕様よって若干異なります。

【テーブル類】

・テーブルの上に腰掛けたり、踏台代わりに使用しないで下さい。ケガや破損原因になります。
 
・テーブルを横にしたり、立て掛けたりしないで下さい。倒れたり破損の原因になります。
 
・移動の際は、床面を引きずったり、押したりしないで下さい。床の傷や脚の破損の原因になります。
 
・熱い物や、底のザラついた物を直に置いたり引きずったりしないで下さい。変色や傷の原因になります。
 
・水気のものをこぼしたら、すぐにふき取ってください。変形、変色の原因となります。特にオイル仕上の商品はご注意ください。
 
・ビニールやガラスを長時間のせて使用しないで下さい。変形、変色の原因となります。
 
・引火性の強い薬品やベンジン、接着剤などは引き出しや棚に入れないで下さい。火災や悪臭の原因になります。
 
・設置の際は必ずキャスターのストッパーをロックし、移動時は解除して使用してください。
 
・引出しの上に乗らないで下さい。転倒し、ケガや破損の恐れがあります。
 
・引出しを強く出し入れしないで下さい。また、いっぱいに引き出しますと落下しますのでご注意ください。
 
・折りたたみの脚を操作する時は手をはさまないよう注意してください。
 
・ネジ止脚の場合は、ネジをしっかり止めて下さい。2〜3ヶ月に1度締めなおして下さい。ぐらつきやネジが緩んで崩れ落ちる場合があります。 
 
・平らな場所に水平になるように置いて下さい。ぐらつきや商品の変形の原因になります。
 
・キャスター付の物、お子さまが押したり、遊んだりしないよう注意してください。ケガや破損の原因になります。
 
・床面がクッションフロアーの場合は、敷物を敷いて使用して下さい。脚部の塗料と床面が反応して汚れの原因となります。
 
・化学ぞうきんを使用する際は、長時間接触させたままにしないでください。変色や表面がはげたりする原因となります。
 
・ベンジン、シンナー、磨き粉などは使用しないでください。変色、割れの原因となります。

・漆塗した家具の上に高温の器などを直接置いて使用したり、水分のある置物を長時間接すると塗膜がおかされ変色する場合があります。

・漆塗した家具にセロテープや溶液を付けないでください。変色や漆が剥がれたりする場合があります。

・お客様による改造、手直しによる不具合、事故等につきましては責任を負いかねます。

 
図の様に脚を幕板に合わせボルトを締め付けて脚をしっかり固定して下さい。
ご使用中脚が緩んでいないか時々お確かめ下さい。
ご使用の場合はピンが確実にロックされていることを確認して下さい。
折り畳む場合はピンをつまんで脚部に押し込みながら折って下さい。
不安定な場所で使用すると脚が倒れてケガをすることがあります。

【椅子類】
・椅子の上に立ったり,飛び跳ねたり、不安定な姿勢で腰掛けないで下さい。ケガ、破損の恐れがあります。
 
・脚部や背もたれの上に腰掛けたり、乗ったりしないで下さい。
 
・素肌では座らないで下さい。特にぬれた体では座らないで下さい。カビや汚れの原因となります。
・移動する時は床面を引きずらないで、必ず大人二人以上で持ち上げて運んでください。
 
・回転金具に物を挟んで回転を止めて使用しないで下さい。
 
・回転椅子に寄りjかかったり、手をついたりしないで下さい。ケガや転倒の恐れがあります。

・お客様による改造、手直しによる不具合、事故等につきましては責任を負いかねます。

【火鉢・囲炉裏】

 ・始めに炉の底に5cmくらい川砂を敷きます。砂はホームセンター等でお買い求めください。
次に川砂が隠れる程度に灰を敷きます。炭は炉の真ん中で燃焼させ、その上に五徳を置きます。

・炭は備長炭、クヌギ炭(桜炭。菊炭)などがお奨めです。炎や煙が多く出る練炭などは避けてください。

・炭は2-3個程度を燃焼させ、火加減には十分注意してください。

・炭以外は燃やさず、火起こしに新聞紙や薪などは絶対に燃やさないでください。

・長時間のご使用は避け、料理はなるべくキッチンで済ませて保温程度にお使いください。

・喚起は十分に行い、火災や一酸化炭素中毒に気をつけ、火のお取り扱いには十分ご注意ください。
炭は火が見えなくても燃焼しています。

・増えた灰は灰ならしでならし、完全に火が消えて温度が下がるまで蓋をしないでください。

・木製品ですので熱によるワレ、ソリなどが起こる場合があります。

・危険ですので小さいお子様やペットなどが触れないようにご注意ください。

・危険ですのでお客様による改造、手直しはしないでください。

【組立家具】

・ネジ止めの際、複数のボルトがある場合は全部を軽く締めてから、増し締めしてください。

※ボルトを全部通す前に一方を強く締めますと片方のネジが入らなかったり、締めづらくなりますので注意してください。

【陶器】

・商品によりザラ付きがございますのでご注意ください。

・花器、つくばいは底面処理をしていますが、置き場所によっては万一に備えて敷き物、保護材をお使いください。

・傘立には直接水を入れないでください。花瓶としてご使用の場合はインナーをご使用ください。

・窓際に置く場合は、風やカーテン等に注意してください。(転倒や事故の原因となります)

・傘を傘立に投入の際は強くショックを与えないようにご注意ください。(破損の原因となります)

・室内用の照明器具を屋外で使用しないでください。

・手洗い鉢は水漏れ処理をしていますが、長時間水を入れたまま放置されますと、水分がにじみ出る場合がございますのでご注意ください。
特に洗剤液を長時間入れたままにしないでください。

厳冬期に屋外に設置しますと氷結し、氷が膨張することにより破損する恐れがおります。

 


 家具の資料館

 和家具について

 塗装について

 家具の構造

 一枚板座卓の製造工程

 家具の工房

 杢と樹種

 寸法と間取り

 家具のお手入れ方法

 贈り物の手引き

 多様な建材
 ご案内

 お客様の声

 あれ何だっけ検索

 よくあるご質問

 家具インテリアQ&A

 家具の選び方のポイント
 家具のレイアウト

 和風スタイルブック

 メディア掲載情報
 SNS

facebooktwitteryoutubeinstagram

 ブログ

 厚木家具情報館

 Kagupedia
 実店舗のご案内
 実店舗
 和家具 匠の郷
 〒243-0015
 神奈川県厚木市南町27番9号
 (小田急本厚木駅徒歩15分)
 店舗案内​
 shop access

ページトップへ