↑ページ最上部

よくあるご質問
初めての方へご購入方法/商品説明
なんだっけ?アレ・・
呼び名がわからない時は
faxフォーム





店長
和の家具、インテリアなら何でもご相談ください。

和家具 匠の郷のブログ
匠の郷店主のブログ

2019年 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
今日
定休日
2019年 10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
定休日
店舗休み


 

神々の恵みに感謝をこめて神様を祀る。


古より日本では万物に神さまが宿るとして、お正月には歳神さま、台所には火の神としての竈神さまなど
暮らしの中の様々なところに神さまを祀りしてきました。

現代では、それらが簡素化されて伊勢神宮のお神札(神宮大麻)と氏神さま、特別に崇敬している神社のお神札を
神棚等にお祀りすることが一般的になりました。
 



神棚(お神札)をお祀りする場所

家庭でのお参りは家族の中心となる行事として、神棚(お神札)は家の内でも家族が集まる清らかなところを
選ぶようにしましょう。
一般的には南向き、あるいは東向きで明るく、目線よりも高いところが良いとされます。

ただし、住宅事情でそのような場所が無い場合は、毎日お参りできる場所であれば良いでしょう。
何よりも大切なのは尊ぶ心で丁重に祀りすることです。


 

お神札(ふだ)のまつり方


お神札の祀り方
 

三社宮


お神札は、中央を最上位とし、次が向かって右、その次が向かって左の順に祀ります。
三社造りの宮形は中心の扉の内に総氏神さまである伊勢の神宮の神宮大麻、
向かって右に地元の氏神の神札、左に祟敬している神社の神札をお祀りします。

その他に、神社にお参りをされた時のお神札は、向かって左におまつりした
崇敬神社のお神札の後ろに重ねてお納めするとよいでしょう。
 

一社宮

 

一社造りの宮形の場合は、一番手前に神宮大麻、その後ろに氏神さま、さらにその後ろに祟敬する神社の
お神札という順番に重ねてお祀りします。
 

お神札の数が多くなったり、神棚に入らない場合は、神棚の横に丁寧に並べてお祀りします。

 

お神札の取り替え


年末の大掃除の時に神棚も掃除をして、新しいお神札をお祀りして新年を迎えます。
その際、古いお神札は神社の古神札納所へ持って行き、お焚きあげをしてもらいましょう。


 

神具とお供えについて

神具は、榊を飾る榊立、お酒を入れる瓶子、お水を入れる水器(水玉)、塩と米を盛る皿(高月)、
神鏡を基本に用意します。


お供えについて



神棚の祀り方

ページトップへ