円卓 105丸折りたたみケヤキ【家族円満のちゃぶ台】|ちゃぶ台・折りたたみ座卓の通販

↑ページ最上部

よくあるご質問
初めての方へご購入方法/商品説明
なんだっけ?アレ・・
呼び名がわからない時は
faxフォーム





店長
和の家具、インテリアなら何でもご相談ください。

和家具 匠の郷のブログ
匠の郷店主のブログ

2020年 03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
定休日
店舗休業日
2020年 04月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
定休日


 
お届けは通常1週間〜10日前後となります。少数手作り生産ですのでお急ぎの方は事前にお問合わせください。

トップ > 座卓・ローテーブル > ちゃぶ台・折りたたみ座卓 > 円卓 105丸折りたたみケヤキ【家族円満のちゃぶ台】

丸いちゃぶ台で角がとれて夫婦円満♪丸型ちゃぶ台は座る場所を選ばないので便利!角型より1.5倍座れます。脚を丸く上品に仕上ていますので、足の小指をぶつけも痛くない!?


■サイズ:幅105×高さ33.5cm
■材:欅突板
■塗装:ウレタン
■脚:折脚 
■重量:約15kg
送料区分 :250
■受注生産(2-3週間)
※色の濃さ光沢に個体差がございます。


ロングラン商品
 


ちゃぶ台のある暮らし


ちゃぶだいは「卓袱台」と書きますが、もともとは長崎料理の「卓袱(しっぽく)」が由来です。卓袱料理は中国料理を真似ているので、椅子に座って丸い朱の円卓を使います。それが全国に広がった時に畳でつかう低いテーブルに姿を変えました。現在では形状を問わず座卓をちゃぶ台と表現しますが、ちゃぶ台と言えば折たたみの円卓がイメージされるのはそのためです。

4畳半から6畳の昭和の暮らしにおいて、ちゃぶ台は食事をしたり寛いだり、茶の間(居間)の中心でした。夜はちゃぶ台を片付けて布団を敷くため、折たたみ式も必然といえます。昔は現在のような金具が無かったため、板をつっかえ棒のように立てて固定する仕組みです。現在も業務用などに用いられています。
 

円卓 105丸折りたたみケヤキ【家族円満のちゃぶ台】

商品コード : 069-3-4
通常価格 : 100,000
価格 : 40,700円(税込)
ポイント : 407
数量
 

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
FAXフォーム
PDFが使えない場合はこちらのWord形式をご使用下さい。

★ワンポイント〜丸テーブルは高い!?
丸テーブルは角のテーブルに比べて割高だと感じられるお客様がいらっしゃると思います。
それは丸を作るには幅、奥行きが同じな為、角を作るのと比べてより幅の広い板材を必要とされることが理由です。
丸卓 円卓


  ※脚に埋め込まれたストッパーが幕板にロックされます。解除する時は指でつまんで折畳みます。

【この商品に関連する商品】